現在地

News

2月

Brodie with his donor sister Zoey and parents
Feb 2022   サムネイル:ブローディは、オーストラリアにおいて脳性麻痺の治療のためにきょうだいの臍帯血の提供を受けた 最初の子供たちのひとりです。 ブローディは赤ちゃんだった妹、ゾーイから採取された臍帯血細胞の投与を受けたのち、運動能力に顕著な改善を示しました。 

11月

Duke Expanded Access Program
11月 2021   デューク大学拡大アクセスプログラムに関するガイドを作成しました。このプログラムは、脳性麻痺や自閉症など、神経発達障害の小児を対象に臍帯血細胞療法への人道的アクセスを提供するものです。プログラムの多くの側面が親たちにとって明快なものではなく、批評家によって不正確に伝えられています。本稿の核心は、デューク大学の臍帯血に関する臨床試験とその成績を列挙した表にあります。

1月

cord blood patient Asia with her parents
1月 2019   エイジアが発達障害であることが判明した時、エイジアのご両親はデューク大学病院にて彼女自身のさい帯血の投与を実施することにしました。 今日、エイジアは同年代の他の子供たちと変わらない生活を送っています